団員インタビュー《勝次役:廣崎敬典さん》人間らしく、実直に。物語にフレッシュさを添える期待の若手。

演劇教室MAFF第23回定期公演『赤鬼』では赤鬼役を務め、役者として大きく飛躍を見せた廣崎くん。MAFFに参加して以降2回目となる今回の舞台では、物語を大きく揺さぶる役どころにも意欲的に取り組んでいる模様。

Q)今回の役柄は?
変態な、食事処の社長です(笑)。

Q)役作りはどのくらい進んでいますか?
役に歩み寄ろうとするんですけど、現実の自分とキャラクターが違いすぎて、難しい。やりにくいです。どんな感じにやるべきかは分かってるんですけど。

Q)どうやって役作りをしているんですか?
台本を読んでいて面白いところがあったら、どのくらいのテンポでやったらウケてもらえるかな、というのを意識しながらやっています。

Q)『赤鬼』と比べると、今回一番の挑戦は何でしょう。
前回は鬼だったんで(笑)、人間らしさを出すことですね。うまく決断できん時の臆病な感じとか、決断してスッキリして悩みがない解放された感じとか、うまく演技に出せたらいいなと。場の空気感で心情の切り替えができたらいいなと思っています。

Q)見てほしいところは。
岡田さん演じる部長さんに圧迫されて戸惑っているところ、勝次が一番悩んでいる場面です。

役の感情の細やかな動きを、自分なりに一所懸命に解釈している様子が伝わってきました。皆さんもぜひ客席から応援してあげてください!

公演ページに戻る

みくに未来ホール開館1周年記念演劇公演
市民劇団「グリーンフラッシュが見られたら」

日時:

【夜公演】平成31年3月2日(土)19時開演
【昼公演】平成31年3月3日(日)14時開演 ※開場は30分前
会場:坂井市みくに市民センター内 みくに未来ホール
チケット:平成30年12月16日(日)より好評発売中!

お問い合わせ:坂井市みくに市民センター内 みくに未来ホール(坂井市立三国病院横)
〒913-0042 福井県坂井市三国町中央1-5-1

0776-82-7200開館時間9:00~22:00
[火曜日、祝日の翌日、年末年始を除く]

お問い合わせ