団員インタビュー《時弘役:齋藤文哉さん》貫禄たっぷりな21歳が挑む新たな課題とは。

出演の4人が入れ替わり立ち代わり何人もの役を演じ、団員の確かな成長を見せつけてくれた演劇教室MAFF第23回定期公演『赤鬼』で、ミズカネ役を務めた齋藤くん。

Q)今回の役柄は?
時弘という、東尋坊の観光協会の会長さんです。初めて貫録のある、どかーんとでかい、上の立場の役なんで、ちょっと緊張しています。

Q)そんな貫禄ある会長さん、何歳くらいのイメージですか?
自分の中では50歳くらいのイメージです。僕は21歳ですが(笑)。

Q)『赤鬼』の公演を踏まえて、今回意識している課題はありますか?
前回の公演で一番課題だなあと感じたのは、発声がまだ完ぺきではないということです。今回やるのは、テンションが少し高めの会長さんということで、お客さんにデカイ声でちゃんと聞こえるように、メッセージを伝えられるようにしたいです。

Q)具体的にはどんな練習をしていますか?
リラックスをしないと腹式呼吸がうまくできないので、体から力を抜いて、自然体で演技をできるようにしたいなと思っています。力を入れちゃうとのどに力が入っちゃうので、そうならないように頑張っています。家でも家族がいるので、トレーニングをしています。

Q)意気込みをどうぞ。
今回めずらしくほとんどの場面で出演があるので、全部の場面でエネルギッシュに演じられるように頑張ります。 公演ページに戻る

みくに未来ホール開館1周年記念演劇公演
市民劇団「グリーンフラッシュが見られたら」

日時:

【夜公演】平成31年3月2日(土)19時開演
【昼公演】平成31年3月3日(日)14時開演 ※開場は30分前
会場:坂井市みくに市民センター内 みくに未来ホール
チケット:平成30年12月16日(日)より好評発売中!

お問い合わせ:坂井市みくに市民センター内 みくに未来ホール(坂井市立三国病院横)
〒913-0042 福井県坂井市三国町中央1-5-1

0776-82-7200開館時間9:00~22:00
[火曜日、祝日の翌日、年末年始を除く]

お問い合わせ