団員インタビュー《陽子役:山田志穗さん》初チャレンジだからこそ分かる、役づくりの極意。

演出の右腕が助演出だとすれば、助演出の右腕が山田さん。練習にも素晴らしい出席率を誇るストイックな山田さんだからこそ知る、役づくりの極意とは。

Q)参加したきっかけは?
何かやりたいな…とくすぶっていたときに、高校の後輩が誘ってくれました。

Q)演劇は初チャレンジだそうですが、やってみてどうですか。
楽しい!楽しいけど、自分でやるよりも、稽古を見ている方が面白いです(笑)。みんな毎回上手になっていくのとか、セリフを頭に入れていくのとか、いったん入れたけど違うセリフ言ってたりとかっていうのを観察するのが面白いです。

Q)家ではどういう風に練習しているんですか。
ほかの団員から習ったんですけど、ストレッチして、のどを温めてから発声練習する、というのを毎日30分くらいやってます。最初は全然声が通らんかったので、やらなあかんなと思って。まだまだですけど。あと、今回セリフはあんまりないんですけど「ここは東尋坊だ」「相手役の人がここにおる」と思って、キッチンで(笑)、毎日やってます。

Q)稽古では毎回、ちょっとずつ体の動かし方が変わってきてますよね。
そう、他の人を見ているので「ああいうのもアリなんだ」っていうのを学びますね。みんな誰にも何も言われていないのに、前回と違う風にやっているのを見ると、そうやって自分で考えながらやるんだって思って。

Q)役柄と意気込みをどうぞ!
今回は、大阪から観光しに来たカップルの彼女役をやります。意気込みとしては、とにかくあたまの出番なので、ひたすら明るく、この劇全体のムードを作るつもりで。気合入れて、声出して、頑張ります!そのために、あと1カ月、発声練習頑張らないと。

視野を広く持って、他の役者の分まで毎回びっしりと稽古記録を取ってくれる山田さん。その努力が花開きますように!

公演ページに戻る

みくに未来ホール開館1周年記念演劇公演
市民劇団「グリーンフラッシュが見られたら」

日時:

【夜公演】平成31年3月2日(土)19時開演
【昼公演】平成31年3月3日(日)14時開演 ※開場は30分前
会場:坂井市みくに市民センター内 みくに未来ホール
チケット:平成30年12月16日(日)より好評発売中!

お問い合わせ:坂井市みくに市民センター内 みくに未来ホール(坂井市立三国病院横)
〒913-0042 福井県坂井市三国町中央1-5-1

0776-82-7200開館時間9:00~22:00
[火曜日、祝日の翌日、年末年始を除く]

お問い合わせ