団員インタビュー《工藤妻役:向川理恵さん》満を持して初参加。展開の鍵となる大きな役どころへの挑戦を追う。

今回初参加となる向川さん。「観る専門」から演技する側になり、見えてきたこととは―。

Q)参加したきっかけは何ですか?
演劇をやっている友人がいて、これまでは観る専門だったんですけど、次第に自分でもやりたいなって思って。演劇をやったことのない人でもOKなところがないかなって探してたら、たまたまここの募集をネットで見つけて。演技の経験は全然ないんですけれども、勇気を出して応募しました。

Q)実際にやってみて、どうですか?
難しいですね。正直もうちょっとできるかなって思ったんですけど、できなさ加減にビックリしました(笑)。例えば、もともと地声が大きいって言われてたんですけど、自分では声を出しているつもりでも、演出から「声小さいよ」って言われて。ノドでしゃべるんじゃなくて、意識しておなかから出さないと、聴こえないんだって気づきました。

あと、私なりに気持ちを込めたつもりでも、「棒読みになってる」とも言われて。自分で表現しているつもりでも、観ている側に伝わらなければ何もしてないのと同じなんだなと思います。伝えたい!っていう気持ちでやらないとダメですね。

Q)練習はどのように工夫していますか?
恥ずかしい話、人生で初めてっていうくらいの挫折で、かなり落ち込んで(笑)。初心に返って、我流を捨てて、色んな人からアドバイスをもらって、言われた通りにしています。

Q)今回の役柄は?
薫ちゃんと美津子が和解するきっかけになる鍵の役で、頑張りたいですね。説明ゼリフがけっこうあるのに、感情を込めなきゃいけないのが難しいです。演出の湯浅さんと夫婦役なんですけど、一回も稽古で絡みがないんで、不安です(笑)。

静かに気合のみなぎる向川さんの頑張り、陰ながら(舞台袖から)応援しています!

公演ページに戻る

みくに未来ホール開館1周年記念演劇公演
市民劇団「グリーンフラッシュが見られたら」

日時:

【夜公演】平成31年3月2日(土)19時開演
【昼公演】平成31年3月3日(日)14時開演 ※開場は30分前
会場:坂井市みくに市民センター内 みくに未来ホール
チケット:平成30年12月16日(日)より好評発売中!

お問い合わせ:坂井市みくに市民センター内 みくに未来ホール(坂井市立三国病院横)
〒913-0042 福井県坂井市三国町中央1-5-1

0776-82-7200開館時間9:00~22:00
[火曜日、祝日の翌日、年末年始を除く]

お問い合わせ